セカンドバッグのイメージ

セカンドバッグの印象の変化

セカンドバッグと聞くとどんなイメージがまず頭に浮かんでくるでしょうか。
セカンドバッグは1990年代に男性のファッション界で流行していたアイテムです。
怖い人達が使用している、新聞屋さんなどの集金のおじさんが使っている、
年配の方が使用しているなどとあまり良いイメージを持っていない人が多いです。
これらの悪いイメージはセカンドバッグそのものに対するイメージではなく、
使っている方のイメージによるものが大きな原因です。

しかし、女性の間でクランチバッグが流行したことによってセカンドバッグのイメージがガラリと変わり、
セカンドバッグは男性のアクセサリーの一つとして捉えられるようになってきています。
セカンドバッグには、A4サイズの書類が折り曲げずに入れられることができビジネスにも適しています。

また、手帳や携帯電話、財布や筆記用具など細々としたものを持ち運ぶのにとても便利です。
さらに、最近ではファッション性にも優れているものが多く、
ビジネスシーンや冠婚葬祭でも使用できるタイプまで幅広く豊富なバリエーションがあります。